遺言のトラブル

遺言が無いトラブル、あるトラブル
遺言がなければ、民法には法定分割のルールがありますし、遺産分割協議で、問題なく相続がなされる場合もあるでしょう。しかし、逆に言えば、たとえ音信不通で赤の他人同然でも、戸籍上相続人と認められれば、法律に従って、あなたの財産の分け前を要求してくる人物が現れる可能性は否めません。

また、分割が難しい財産がある場合、法定割合どおりに分割して共有するのが本当に適当なのか、遺産分割協議がまとまらない場合、ご家族同士が家庭裁判所で、調停や審判を受けることにもなります。

そして、法律上の規定には適った遺言書でも、書き方によっては、更なるトラブルを巻き起こす可能性も。