お問い合わせ 報酬額表 サイトマップ










▼ 遺言の形式

遺言は、所定の方式に従って書かれたものだけが効力を認められます。 民法は967条で、普通方式として、遺言の方式を以下の三種類と定めています。

ここではそれぞれのメリットとデメリット、及びその注意点などを見ていきましょう。

▼ 自筆証書遺言

▼ 公正証書遺言

▼ 秘密証書遺言
代表者
 荒井 太一


●行政書士
日本行政書士連合会(登録番号05261885号)
大阪府行政書士会(会員番号5064号)
●社会保険労務士
全国社会保険労務士会(登録番号 27060139号)
大阪府社会保険労務士会(会員番号17528号)
●FP
ファイナンシャル・プランニング技能士センター(会員番号K050809331)
2級ファイナンシャルプランニング技能士(技能士番号2F2-0-05-020393)




事務所案内

相互リンクについて
遺言 相続 離婚 年金
労使トラブル 労働契約 就業規則 社会保険
Copyright © 2006-2014行政書士・社会保険労務士 荒井法務事務所All Right Reserved.