お問い合わせ 報酬額表 サイトマップ










▼ 遺言を書ける人とその内容

遺言は、誰でも書いていい、というものではありません。
一定の年齢を超え、意思能力の有無が遺言者の要件になります。
また、民法に定められた方式に反しなければ、遺言にはどのようなことでも書くことが出来ますが、書いたことのうち、法律上の効力を持つのは、法律に規定された事項に限定されますし、その訂正の方法も厳格に定められています。
ここでは、それらの遺言の内容に関わる事柄を見ていきましょう。

▼ 遺言をすることが出来る人

▼ 遺言事項

▼ 遺言の訂正方法
代表者
 荒井 太一


●行政書士
日本行政書士連合会(登録番号05261885号)
大阪府行政書士会(会員番号5064号)
●社会保険労務士
全国社会保険労務士会(登録番号 27060139号)
大阪府社会保険労務士会(会員番号17528号)
●FP
ファイナンシャル・プランニング技能士センター(会員番号K050809331)
2級ファイナンシャルプランニング技能士(技能士番号2F2-0-05-020393)




事務所案内

相互リンクについて
遺言 相続 離婚 年金
労使トラブル 労働契約 就業規則 社会保険
Copyright © 2006-2014行政書士・社会保険労務士 荒井法務事務所All Right Reserved.