お問い合わせ 報酬額表 サイトマップ










▼ 秘密証書遺言

遺言を書いたということは知られてもいいが、その内容は絶対に秘密にしたい、という場合には、秘密証書遺言、という形式があります。

秘密証書遺言は、遺言者が署名押印した遺言書を封じて、遺言書に押印したのと同じ印章で封印し、二人以上の証人と公証人の前で、自己の遺言書であることを申述する、という形式を取ります。
自筆証書遺言と違って、内容はワープロやパソコンで印刷したものでも構いませんが、署名は必ず自署しなければなりません。
(音声や映像は、秘密証書遺言でも認められません)
また、公正証書遺言と違って、遺言の存在は公証人及び二人以上の証人に知られますが、その内容の秘密は、保持されます。

しかし、内容がわからないだけに、死後その効力が争われるという可能性はあります。
また、二人以上の証人が必要ですし、公証人の費用もかかります。
保管は公証役場では行わず、自分で保管しなければなりません。
死後開封するには、家庭裁判所の検認が必要になります。

秘密証書遺言のメリット
  • 遺言の内容の秘密は保持される
  • 本人作成の遺言であることに争いの余地がない
  • 署名以外の部分はワープロ等で作成できる

秘密証書遺言のデメリット
  • 遺言を書いたことは知られてしまう
  • 内容に関しては、無効となる可能性も
  • 証人が二人以上必要
  • 公証人の費用がかかる
  • 開封時に家庭裁判所の検認が必要
  • 保管は本人で
  • 字が書けない人は利用できない

自筆証書遺言が、様々なトラブルの元になりうる原因のうち、本人作成の遺言であるかどうか、という部分だけでも、公証してもらっているので、その分秘密証書遺言の方が、望ましい、とも言えます。
しかし、内容に関して、法律的効力が争われるようであれば、せっかくの遺言も意味を成しません。
専門家のアドバイスなしでは、秘密証書遺言の作成は、難しいのではないでしょうか。

代表者
 荒井 太一


●行政書士
日本行政書士連合会(登録番号05261885号)
大阪府行政書士会(会員番号5064号)
●社会保険労務士
全国社会保険労務士会(登録番号 27060139号)
大阪府社会保険労務士会(会員番号17528号)
●FP
ファイナンシャル・プランニング技能士センター(会員番号K050809331)
2級ファイナンシャルプランニング技能士(技能士番号2F2-0-05-020393)




事務所案内

相互リンクについて
遺言 相続 離婚 年金
労使トラブル 労働契約 就業規則 社会保険
Copyright © 2006-2014行政書士・社会保険労務士 荒井法務事務所All Right Reserved.